【必要な友達は○人!】大学で友達作りに必死なあなたへ

 

新入生

友達が欲しい!

 

新入生の1番のお悩みである「友達がいない問題」。

せっかく大学生になったんだし、新しい友達を作ってキラキラキャンパスライフを送りたいですよね。

でも友達ってそんなにたくさん作る必要があるんでしょうか。

この記事では新入生の友達作りは何人くらいが良いのか、現役大学生の僕が教えます。

 

この記事を書いている人
  • 現役私立大学3回生
  • インカレサークルに所属
  • 何不自由ない大学ライフを送ってます

 

友達は多い方がいい

友達は少なくていい!って言いたいところですが、やっぱり友達は多い方が絶対にいいです。

単純に友達が多いと楽しいですし、大学の授業でひとりぼっちなんて心配もなくなります。さらに友達が多いと授業のわからないところを教えてくれる人がいたり、テストの手助けをしてくれることもあります。

なので友達は多いに越したことはありません。

大学では友達がいないと不便なことが多いので「友達はいらない!」っていうスタンスはやめときましょう。

 

友達が多いメリット
  • どの授業にも友達がいる安心感
  • 単純に楽しい
  • テストで助けてもらえる
  • 人脈が広がりやすい

 

大学で友達が多いメリットはたくさんあります。

かと言って大学に入学して友達をたくさん作らなければって焦る必要もないんですよ。

焦って友達作りはNG

大学で友達が多いと得られるメリットが多いのはおわかりいただけたと思いますが、入学後すぐに躍起になって友達を作ろうとするのはNGです。

友達を作りたい気持ちはよくわかりますが、入学後に焦って友達をたくさん作る必要はありません。「必要ありません」っていうか、むしろやめておいた方がいいでしょう。

 

新入生

なんで?

 

入学後、早い段階で友達は確かに必要です。

ですが入学後すぐに作る友達は1人で十分です。

なぜなら1人仲良くなっておけば入学後しばらくは履修登録の相談ができたり、サークルの新歓を一緒に見に行けたりします。

この時に友達が多くても1人だけでも何も変わりませんし、むしろあんまりその人のことを知らずに仲良くなろうとして後で面倒ごとに巻き込まれるかもしれません。

焦ってそんなに仲良くない人と友達になってしまうと後々困ったことに繋がる可能性もありますので初めのうちは「この人は大丈夫そう!」って人と友達になるといいですね。

 

焦って友達を作るデメリット
  • めんどくさい人と関わることになるかも
  • そんなに仲良くなれなくて逆に気まずい
  • 自分は仲良いと思ったのにそうでもなかった時の悲しさ
  • 頑張ってる感が出ちゃう

 

最初の友達の作り方

ではどうやって友達を増やせばいいのでしょう。

まずは入学後すぐに1人友達を作りましょう。

先述の通り入学後に友達が1人いるといないとではだいぶ違います。なのでまずは入学後すぐにある程度仲良くなれそうな人と友達になりましょう。

最初の友達の作り方は簡単で、入学式の隣の席の人に話しかければいいんです。

よほど変な人なら別ですが、入学式はみんな緊張しているし、みんな「友達できるかな…」とか思っているので話しかければすぐに仲良くなれるでしょう。

ちなみに入学式で絶対にやるべきことを別記事まとめているのでそちらも参考に。

これで1人目の友達はゲットです。

ではここからさらに友達を増やす方法を紹介します。

正しい友達の増やし方

1人目の友達ができたら、その友達とサークルの新歓に行きましょう。

サークルの新歓は入学式後すぐに始まるので、自分が入るサークル選びのためにもどんどん参加するといいですね。

で、サークルの新歓に1人でいくのはちょっと勇気がいるので入学式で作った友達を連れて行きましょう。多分誘ったらすぐ来てくれます。

新歓に行けば同じように友達が少ない状態で新歓に参加している人が絶対にいるので、新入生同士でちょっとでもお話ししてみましょう。

お互い新歓という慣れない状況でドキドキしているので普段よりも仲良くなりやすいです。

あとはコレを何度か繰り返せば10人は新しい友達ができるでしょう。

何人か友達ができれば放っておいても友達が新しい友達を連れてきますので、友達の友達とも友達になっていけば(ややこしくてゴメンなさいw)人脈が広がります。

無理に頑張って友達を作ろうと必死になる必要はありません。

友達は大事

大学生活を1人で乗り切ることは出来ませんし、仮にできたとしてもつまらないですよね。

大学は人脈が成績にも大きく影響するくらいですので、友達はどんどん作っておきましょう。でも焦って変な人と関わらないように気をつけてくださいね。

それでは。

Follow me!