【あなたも怪しまれている?】スーパーで店員がマークする怪しい客の特徴

 

店員

あれ、あのお客さん怪しいぞ!

 

みなさんはスーパーで買い物にするときに何か気を使っていることはありますか?

普通に買い物をするときに自分の振る舞いを気にしている人はあまりいないと思いますが、実は普段何気なくとっていた行動が、店員から見ると怪しい人に見えているかも知れません。

そこで今回はスーパーでアルバイトをしている僕が、店員が怪しいと思うお客さんの特徴を紹介していきます。

あなたのアノ行動が店員を誤解させているかも?

 

この記事を書いている人
  • 現役大学生
  • スーパーアルバイト歴1年半

 

店員は客の動きを見ている?

売り場にはたくさんのお客さんがいるので、店員が一人一人不審な動きをしていないかチェックすることはできません。

ですが、品出しをしている店員たちは実は品出しをしながらもお客さんをチラチラ見ています。全員を完全に把握することはできませんが、怪しい特徴を持った人にはすぐに気付きます。

別に怪しい人を探そうとは思っていなくても、怪しい人の特徴がわかっていると目に入るので場合によってはしばらくその人の行動を目で追っている時もあります。

でも普通に買い物をしているだけなのに怪しいと店員に勘違いされてマークされたりしたら不快ですよね。

ではどんな行動をしている人が店員たちの目に怪しいと映るのでしょうか。

怪しい特徴集

それでは店員が怪しいと思うお客さんの特徴を紹介していきます。

悪気がなくても意外とやってしまっている行動があると思うので、ぜひチェックして自分がシロだということを証明してくださいね。

 

怪しい客の特徴
  • カートにカバンをかけている
  • 店員とやたら目が合う
  • 通路でキョロキョロしている
  • 同じ売り場に行ったり来たりする
  • フードをかぶっている

 

ざっとこんな感じでしょうか。

それは怪しいわっていうものから、意外なものまでリストアップしてみました。

ここからはそれぞれの怪しいと思われる理由と対策をいくつかピックアップして紹介していきます。

カートにカバンをかけている

店員に怪しまれる行動集、まず初めは「カートにカバンをかける」です。店内のお客さんの半数くらいがカバンをかけていますが、実はこれが1番万引きを疑われる行動です。

 

お客さん

え!いつもやってる!

 

特に主婦さんでなんの悪気もなくカバンをカートにかけている方は多いと思いますが、疑われたくないのであればこの行為はやめておいた方がいいでしょう。

なぜこの行為が疑われるのかというと、万引き犯の大人気手口だからです。

スーパーで万引きをする人は、カートの横にカバンの口を開けてかけておいて、手に持った商品をカートに入れるふりをして横にかけたカバンに入れるんです。

店員たちはその手口を知っているので、カートにカバンをかけている人を怪しんでしまうんですね。

 

店員

カバンの口を閉めているとGOOD!

 

カバンは持つと重いのでカートにかけるのは仕方ありませんが、もし疑われるのが気になるようでしたら、カバンのチャックを閉めておくと万引きの心配がないので店員側も安心です。

店員とやたら目が合う

売り場でやたらと店員と目が合うのも怪しいです。

キョロキョロしているのも同じですが、店員と目が合う回数が多いと、店員は「見られている」と感じます。

お客さんが店員を見る理由は、店員がよっぽどイケメンか、万引きの瞬間を店員に見られていないかをチェックするためでしょう。

そしてスーパーの店員によっぽどのイケメンはいないので、店員の動きを見ている人は怪しいとなるわけです。

なんとなく目があってしまうことはありますが、何度も目があったり、売り場の棚上で目があってしまうと怪しまれる可能性があるので注意しましょう。

フードをかぶっている

理由を書くほどでもありませんが、やはり顔を隠すような行為は怪しまれます。

今はコロナの影響でマスクをつけるのは仕方ありませんが、マスクに加えてキャップを深くかぶったり、フードで顔を隠す行為はオススメしません。

お客さんから見ても怪しいですし、芸能人っぽく見えるので周りに変な期待をさせてしまいます。

なるべく店内では顔が見えるようにすると疑われることもないでしょう。

疑われると気分が悪い

疑われて気分がいい人はいません。

店員はなんの悪気もなく不審なお客さんを疑ってしまうこともあるのですが、それも万引きを防止するためなので仕方ありません。

もしあなたが何も悪いことをしていないのに店員にマークされていたり、視線を感じるようでしたら紹介した項目を確認してみると疑いの目が晴れるかも知れませんね。

それでは。

Follow me!