【対面より楽?】コロナ禍の大学オンラインテスト攻略法!

 

新入生

テストがオンラインになったけど不安だな…

 

新型コロナウイルスの影響で大学の授業がほとんどオンラインになりましたね。

中には授業全てがオンラインだという人もいるようですが、この時期気になるのは定期テストですよね。

オンライン授業はもう慣れたかも知れませんが、新入生はまだオンライン定期テストを受けたことがないと思います。

そこで今回はコロナ禍のテストが初めての新入生のために、オンラインテストの様子と攻略法を紹介します。

 

この記事を書いている人
  • 現役私立大学3回生
  • オンラインテストは全て合格点数越え
  • おうち時間大好き

 

どんな授業がオンラインテストになるのか

大学の授業がオンラインだからって、全ての授業のテストがオンラインで行われるわけではありません。

中には授業がオンラインであってもテストは学校で対面形式で実施するものもあります。

授業のシラバスにテストの情報は記載されていると思いますが、仮にまだテスト形式が記載されていなくてもあることを考えればテスト形式の大体の予想をつけることはできます。

それは、授業の受講人数です。

大学の授業がオンラインになった理由は教室内に人が多く、密集してしまうからだと考えれます。でも中にはコロナ禍でもオンラインではなく対面で授業をしているものもあると思います。

コロナ禍でも対面形式で授業を行なっているのはその授業が少人数授業だからです。特に言語系の授業はコロナ禍でも対面形式で行われることが多いです。言語の授業でもオンラインの場合はありますが、今対面形式で授業を行なっているのは少人数授業だけでしょう。

と言うわけで、少人数で行なっている授業は対面形式のテストの可能性があり、反対に大人数授業の場合はオンラインテストの可能性が高いでしょう。

オンラインテストの様子

ではオンラインテストはどのような感じで行うのでしょうか。

オンライン形式のテストの特徴をリストアップしてみます。

 

オンラインテスト形式
  • 基本カメラはオン
  • 手元は映さなくていい
  • テスト用のサイトにアクセスして回答
  • 回答中はミュート
  • 期限内なら繰り返し受験できる時も

 

主な形式はこんな感じです。

オンラインテストで気になるのがzoomの設定ですよね。特に気になるのはカメラのオンかオフかについてだと思います。

カメラはオン!

オンラインテストにはzoomとテスト用のサイトを使って同時双方向で行う場合と、専用のサイトだけで期限内にテストを受ける場合の2つがあります。

zoomを使用するテストの場合、カメラのオンオフが気になるかと思いますが、当然カメラはオンです。

理由はもちろん先生側がカンニングを防止するためです。

とは言ってもカメラに映るのは自分の顔だけなのでカメラの映らない手元に教科書やスマホを置いてカンニングしていてもほぼバレません。

っていうか、バレても先生側も証拠もないのに注意できないのでカンニングはし放題です。

 

新入生

じゃあ余裕じゃん!

 

著者

それがそう簡単でもないんです…

とにかく時間がない

いくらカンニングができたとしても、今まで真面目に授業を受けていなければほぼ全ての問題をいちいち教科書やレジュメを見て解くことになります。

そうなれば答えた問題は正解でも、時間切れで全ての問題を解くことができません。

教授側は学生がこれまでの授業内容を暗記している体で問題を作っていますので、ノー勉でもカンニングできるから大丈夫とは思わない方がいいでしょう。

オンラインテスト必勝法

さてここからはオンライン授業の攻略法です。

攻略法はオンラインテストでzoomを使うかどうかで2通りに別れます。

zoomを使う時

zoomを使ってテストを行うときは、カメラをオンにするので手元でコソコソとカンニングすることができます。

しかし先述の通り、全ての問題をカンニングしていては時間がないのである程度は事前に勉強しておく必要があります。

特に計算が必要な授業や言語系の授業では単語などを完璧に覚えておく必要はありませんが、公式や基本の文法などはしっかり暗記しておきましょう。

zoomを使う場合にはある程度知識を事前に蓄える必要があるので、対面よりもちょっと楽なだけと思っておきましょう。

zoomがない時

zoomがない時は当然ですが誰にもテスト中の様子を見られることはありません。

つまり堂々とカンニングしても大丈夫です。っていうか、カンニングすることをオススメします。

こんなこと勧めるのはどうかと思いますが、考えてみてください。

カンニングしても全く問題ない状況で、あなた以外の学生みんながカンニングをしていて、あなただけがカンニングしていないとどうなりますか?

そう、あなたは真面目に頑張ったのに損します。

カンニングできる時は迷わずカンニングした方が絶対にいいです。教授もそれをわかって通常よりも難易度を上げた問題を作っているのでカンニングしないと思ったように点数が取れないこともあります。

 

新入生

でもいちいちカンニングしてたら時間が足りない!

 

お分かりかも知れませんが、カンニングできると言っても、やはり全ての問題をいちいち教科書やネットで調べていては時間がありません。ですが、zoomを使っていない時に限って使える裏技で解決できます。

それは、友達とテストを分担する方法です。

1人で全ての問題を調べると時間がかかるので、友達と電話でもしながらテストの問題を分配して、最後に2人で合わせて回答します。

1〜5番をA君が、6〜10番をB君が解くという具合です。

問題を分配するので、一緒にする友達が多ければ多いほど一人当たりの負担が減るので楽ちんです。が、もしこの方法で単位を落としても自己責任ではあります。

まとめ

いかがでしたか?

新入生のうちはわからないことや要領がうまく掴めないことがたくさんあると思います。

ですがテストで単位を落としてから後悔しては遅いので、ぜひこの記事で紹介したテストの攻略法を検討してみてくださいね。

それでは。

Follow me!