【友達がいない!?】大学の入学式で必ずするべき3のコト

 

新入生

明日入学式!でも不安…

 

大学の入学式って緊張しますよね。

高校からの友達がいれば安心ですが、多くの新入生は友達ゼロだと思います。

ただでさえ新しい環境になるのに、友達がいないと余計に不安ですよね。

そこで、この記事では大学生活が不安いっぱいの新入生に向けて、入学式で絶対にするべき行動を3つ紹介します。

いいスタートのために、絶対に目を通しておきましょう!

①入学式で隣の席の人に話しかける

いきなりですが、これが1番重要です。

入学式の座席は「会場に入ってきた順」か、「学生番号順」です。

多くの場合は「会場に入ってきた順」だと思います。

同じ大学、同じ学部に入学する友達がいれば一緒に会場に行くことができますが、

そんなラッキーは中々ありません。

大体の人は入学式の隣の人を知らない状態です。

で、なぜわざわざ知らない隣の人に話しかける必要があるのかですが、

答えは簡単、大学の友達を1人は作っておく必要があるからです。

 

新入生

そんなに急いで友達作らなくても良くない?

 

って思うかもしれません。

ですが入学式で1人は友達を作っておくことのメリットは大きいです。

 

入学式で友達を作るメリット
  • 入学後の手続きなどの相談ができる
  • その友達から人脈が広がるかも
  • 単純に孤独から解放される

 

入学式で友達を作るメリットはこの3つですが、

1番のメリットは「入学後の手続きなどの相談ができる」です。

 

入学後の手続きは1人では難しい

大学に入学してからしばらくは本当に忙しいです。

履修登録などの各種の手続きの説明が毎日のように続きますが、

正直それらを全て理解することはできません。

で、わからないことがあった時ってどうしますか?

そう、友達に聞きますよね。

でも入学式で友達を作っていないとどうなるかというと、

 

新入生

聞く友達がいない!

 

なんて事態が起こります。

入学後の手続きでわからないことを相談できるように必ず入学式で友達を作っておきましょう。

 

②キャンパスのマップを覚えよう

キャンパスマップを覚えることも重要です。

中学や高校の時でも学校の建物を全て覚えるのは大変だったと思いますが、

大学のキャンパスは比にならないくらいもっと広く、覚えるのが大変です。

特に規模の大きい大学になるとキャンパス内の建物が多すぎて何が何だか分からなくなることもあります。

入学式後の案内で「〇〇棟に集合」と書かれても〇〇棟の場所が分からなければ辿り着けません。

入学後の届く案内にマップが入っているので必ず目を通しておきましょう。

 

③サークルの新歓の情報を得る

最後はサークルです。

大学の入学式に行けば高確率でサークルの新歓に勧誘されます。

そこで勧誘された通りに新歓に行けとは言いませんが、

大事なのはどんなサークルがあるのかを把握しておくことです。

サークルの新歓などの情報は別の記事でまとめていますので良ければ↓

まとめ

いかがでしたか?

大学に合格してウキウキしているかもしれませんが、

入学式が始まるとバタバタしますので、そんな時にいいスタートが決められるように入学式でしっかりスタートを決めましょう。

それでは。

Follow me!