【FMトランスミッター】車のナビで音楽が聴けなくなった!?コードを使わずに音楽を聴く方法

困った人

車内で有線で音楽が聴けなくなった!

車に乗る時って音楽を聞きますよね。

でも古い車だと音楽が無線で聴けないこともあります。

僕の家の車は携帯と車のナビをコードで接続して音楽を聞いていたのに、ナビ側のコードの接続部分が故障して音楽が聴けなくなってしまいました。

最近の車なら携帯とナビをBluetoothで接続できますが、古い車はそうはいきません。

ナビを修理すればいいのでしょうが、修理をするとなると結構お金がかかる…

そこで!

今回はコードを使わずに車内で音楽を聴ける便利グッズを紹介します!

FMトランスミッターを使おう

ナビのコードの差し込み口が壊れても解決策があります。

それは車についているシガーソケットを活用する方法です。

著者

FMトランスミッターを使おう!

困った人

なにそれ??

FMトランスミッターとは、簡単にいうと車でラジオを聴けるアイテムです。

車にあるシガーソケットに差し込んでナビと周波数を合わせることでラジオを聞くことができます。

で、

なんとこのFMトランスミッター、携帯の音楽も聴けちゃうんです!!

Bluetooth機能付きFMトランスミッター

僕が使っているトランスミッターにはBluetooth機能が搭載されています。

車で音楽を聞きたい場合はBluetooth機能が必要ですので必ずBluetoothに対応しているものを選びましょう!

近くの電気屋さんで探したのですが見当たらなかったのでAmazonで購入しました。

価格はamazonで2000円くらいでした。

他のトランスミッターも大体2000円くらいで販売されていますね。

シガーソケットに挿してみました。

車のエンジンをかけるとシガーソケットから給電してトランスミッターが起動します。

著者

トランスミッターとナビの周波数を合わせよう!

トランスミッターで音楽を聴くには車のナビの周波数とFMトランスミッターの周波数を合わせる必要があります。

僕の車では83Hzで合わせて使っています。

トランスミッターとナビの周波数を合わせたら、あとはスマホのBluetoothをオンにして、トランスミッターの名前を探して接続します。

あとは携帯で好きな音楽を再生するだけです。

困った人

無線で音楽が聴けた!

USBでも充電できる

FMトランスミッターの多くにはUSBポートが付いています。

もう分かると思いますが、

このUSBポートに携帯のコードを差し込めば携帯を充電することができます!

車の中で携帯の充電に困ることがなく、安心ですね。

まとめ

いかがでしたか?

古い車でもFMトランスミッターを使えば無線で音楽を聴くことができます。

ナビを修理するより遥かに安いのでオススメです!

それでは。

Follow me!