(迷惑かも?)閉店間際のスーパーに来るお客さんを店員はどう思っているのか

こんにちは。

僕はスーパーでアルバイトをしているのですが、閉店間際に来るお客さんがいます。

社会人だったり、忙しい方だと閉店ギリギリになってしまうこともあるかと思いますが、

やっぱり迷惑なのかな?

って気になりますよね。

そこで、スーパーでバイトをしている僕が、閉店ギリギリに来るお客さんのことを店員たちはどう思っているのかをぶっちゃけちゃいます!

この記事を書いている人
  • 現役私立大学生
  • スーパーアルバイト歴1年半
  • 部門は品出し

スーパーの閉店時間は9〜12時が多い

そもそもスーパーって何時まで営業しているのでしょうか。

僕のバイト先のスーパーは9時50分までとちょっと微妙な時間ですが、多くのお客さんは閉店時間をしっかり覚えて利用してくれています。

調べてみると深夜12時まで営業しているスーパーもありますし、中にはもっと遅い2時くらいまで営業している店舗もあるようです。すごいですね。

著者

夜9時くらいまではゆっくり買い物できそうですね!

閉店時間ギリギリに来店するのが嫌なら、遅くても9時くらいにはスーパーに到着しておく必要があるでしょう。

お近くのスーパーが何時まで営業しているのかを事前にチェックすると尚イイと思います!

店員はどう思っているのか

さて本題。

閉店ギリギリに買い物に来るお客さんを店員たちはどう思っているのかについてですが、その答えは…

お客さんの態度による

です!

読者様

客の態度??

分かりやすく言うと、

申し訳なさそうに急いで買い物をしている場合

普通にのんびり買い物をしている場合

で店員の気持ちがガラリと変わります。

店員たちは閉店作業をしなくてはいけないので、閉店時間が近づくとまだお客さんが残っているかを確認します。

なので店に残っている最後のお客さんは店員全員の注目を浴びることになります。

その時に見るお客さんの態度によって店員側の心持ちが変わってしまうと言う訳です。

実際にそれぞれのケースについて見ていきましょう!

申し訳なさそうに買い物をしている場合

閉店ギリギリに買い物に来て、閉店時間が近いことを理解している多くのお客さんは申し訳なさそうに店内を小走りで急いで買い物を済ませてくれます。

こう言うお客さんを見ると店員たちは、

店員

お、急いでくれてる!遅いけどしょうがないね!

って思います。

基本的に閉店ギリギリに来店するお客さんを店員はよく思っていませんが、急いでくれたり申し訳なさそうにしくれると「まあしょうがないよね!」って思ってくれます。

特にスーツを着ているサラリーマンの人が急いでいるのを見ると僕たちバイトの店員は「忙しそうだなー」って思うだけで、別にイライラもしませんし、何なら応援する気分になります。笑

普通にのんびり買い物をしている場合

お次は閉店ギリギリでものんびり買い物をしているお客さんの場合です。

最後のお客さんがダラダラ買い物をしているのを見ると店員たちは

 店員

はよ帰れやコイツ…

って思ってます。笑

閉店ギリギリに来店されると閉店時間までに買い物を済ませることはほぼ出来ません。

つまりこのお客さんのせいで閉店作業が遅れることになるので店員たちの帰る時間が遅くなります。

店員がイラつくポイントはまさにコレで、閉店ギリギリに来たお客さんのせいで自分が帰る時間が遅くなるのが嫌なんです。

稀に閉店時間を過ぎているのに、チャラチャラしたアホみたいな若者とか、なぜか威張ってるおじいさんがいますが、コレは最悪パターンです。

店員はバックヤードでめっちゃ愚痴ってます。笑

閉店ギリギリなら申し訳なさそうにしておこう

閉店間際に来るお客さんを店員はあまりよく思っていません。

どうしてもギリギリになってしまう時もあるかと思います。

閉店間際の買い物になってしまった時はフリでもイイので申し訳なさそうに急いで買い物をすると店員も気持ちがいいのでいい対応をしてくれます。

と言うことで、大事なポイントはコレです。

閉店間際の買い物は申し訳なさそうにしておくとイイ!

閉店間際のスーパーに行く時には演技でもいいので申し訳なさそうにしておくと店員も自分も気分スッキリの対応ができるので

閉店ギリギリの来店になってしまった時はぜひ申し訳感を出しておきましょう!

それでは。

Follow me!