【初心者必見】今日からできる面打ちが痛い時の対処法

 

読者様

先輩の面打ちが痛すぎる!

 

剣道をする上での悩みって多いですよね。

 

初心者の時は面打ちの痛みに耐えきれず、そのまま打たれ続けて泣いてしまうなんて子もいます。

 

そこでこの記事では面打ちの痛みを一瞬で解決できる方法を紹介します!

 

 

面打ちが痛い時の対処法

 

初心者の方がまず直面する悩みがコレです。

 

とにかく頭を打たれるのが痛いですよね。

 

読者様

痛過ぎて泣きそう

 

面打ちは力の強い人に打たれると本当に泣きそうになるくらい痛いですよね。僕も実際初めて面を打たれた時は涙目になりましたし、後輩の女の子が泣いちゃっているのも見たことがあります。

 

面がねを打たせる

 

では面打ちが痛くて我慢できない時はどうすればいいのかと言うと、

 

面がねを打たせる

 

この方法で解決できます。

 

面がねとは

面がねとは、面の金属でできた部分のことです。面をつけた時に目の前に来る鉄のアレです。

 

面打ちが痛い原因は、柔らかい面布団の部分を打たれてしまうことにあります。なので、あまりにも面打ちが痛くて我慢できないなら面布団ではなく面がねを打たせると痛みはありません。

 

具体的にどうすればいいかと言うと、

 

打たれる瞬間にちょっと上を向くだけ

 

です。

 

これで金属の硬い部分しか打たれないので痛みはゼロです!

 

著者

しかーし!!!

 

痛くないからってこれを連発しないでください。

 

と言うのも、実は面打ちは面布団を打突して初めて有効打突と認められる技です。

 

つまり、練習で面がねを打っても相手は練習にならないんです。

 

みんなそれを分かっているので痛くても我慢して面布団を打たせる人が多いですが、あまりにも痛いならたまにはちょっと上を向いて面がねを打たせちゃいましょう。

 

面がねばっかりを打たせると陰でグチられるのでほどほどに!!

 

クッション材を使う

 

面がねを打たせれば痛くないのですが、この方法は連発できないと言うデメリットがあります。

 

そこで!

 

面にクッション材を入れる方法があります!

 

 

面と頭の間に入れるクッション材です。面のサイズが大きい場合にはサイズ調整としても機能します。

 

これがあれば面の痛みがかなり緩和されますし、何より面がねを打たせる必要がないので、変に嫌われる心配もありません!!

 

著者

面がね方法よりもこちらがオススメです!

 

 

面が痛い対処法まとめ

 

面打ちは慣れても痛い時があります。

特に先生と稽古をする時は本当に痛いので、クッション材を使ってしっかり痛みを抑えましょう!

それでは。

Follow me!