受験生必見!!後悔しないための志望校選びのコツ

こんにちは。

こんな記事を読んでいる君はきっと

そろそろ志望校決めないといけないけどドウシヨウ…

と悩んでいる事でしょう!たぶん!

そんな悩める受験生のために、

現役大学生の僕が後悔しない志望校の選び方を教えちゃいます!

悩んでいる君、ちょっと僕の話を聞いてみてくださいな。

志望校を決める前に

志望校で迷っている君は今何年生ですか??

おそらく高校2年生か3年生だと思うのですが、

(もちろん1年生でも早いに越したことはないですよ!)

もし3年生の夏になってもまだ志望校が決まってないというなら

ちょっと急いだ方がいいですね。笑

志望校が決まっていないと受験までの限りある時間を

効率良く使う事ができません。

志望校は高校2年生の間に決める事が望ましいです!

後悔しない志望校選びとは

まるで著者が志望校選びで後悔しているような記事だね笑

はい。笑

僕の場合は志望校選びに失敗したというよりは、

結果的に効率の悪い時間の使い方をしてしまったんですね。

そんなわけでこれから受験するみんなには後悔して欲しくないわけです。

それでは実際に後悔しないための志望校選びの仕方を見ていきましょう!

自分の学力を冷静に見てみる

いきなりですが、

これが1番大事。

もう志望校をなんとなく決めたというアナタ、

その志望校は現実的ですか??

もしアナタが今偏差値65くらいあって

大阪大学に行きたい!!

とかならまだ頑張れって感じではありますが、

おれ偏差値2!!東大いく!!!

なんてことは非現実的です。

絶対にありえないとは言いませんが、

東大目指す前にもっと段階があるんじゃないの??

って思って欲しいんです。

僕の友達で多くの人が高校2年生の時に

国立のA大学に行く!!

って言ってましたが

結果、誰1人としてA大学にはいけませんでした。

それもそのはず、

僕の友達たちは(言っちゃ悪いけど)学校の偏差値がまあまあ悪いのに

謎の自信から

国立に行く!!

と言っていたんです。

つまり、

志望するだけならどんな大学でもできる

と言うことです。

目標を口にするのはイイことですが、

目標は達成してなんぼですので、

まずは現実的な志望校を考えてみてください。

オススメは今の学力から頑張ったら合格できるギリギリのラインの大学です。

今は本気出してないから偏差値低いけど3年なったら本気出すし。

とかナシです。

とりあえず今の学力から判断しましょう。

そして頭が覚醒でもしないといけないような大学はやめときましょう。

たまーに覚醒したのか急に頭が良くなる人もいますが、

覚醒はあんまり起こりません。

やめときましょう

国立か私立か

僕の志望校選びの失敗はココです。

僕は第一希望は国立の大学でした。

志望校を決定した当時の偏差値から頑張って合格できるかギリギリのラインの大学でしたが、

結果はダメでした。

で、

国立大に合格するために苦手な数学や公民科目、理科の勉強もしていた僕は、

受験期の時間をその全ての科目に配分して勉強していました。

つまり、

私立大が第一志望の人よりも

国立大を第一志望にしていた僕は、私立大の受験に必要な

英語、国語、歴史

にかける時間が少なかったわけです。

結果何が起こったかと言うと、

第二志望の私立大の受験に十分な準備ができませんでした。

たまたま合格したのはよかったですが、

不合格になってもおかしくないくらい準備ができていませんでした

この経験からみんなに言いたいことは、

国立大にどうしても行きたいわけじゃないなら

科目を絞ってワンランク上の私立大にするのもアリ

ってことです。

私立大は国立大に比べて受験に必要な科目が圧倒的に少ないです。

国立大を第一志望にしている人よりも

一つの科目にかける時間がたっぷりあります。

なので、国立大と併願で私立大を受験する人よりも有利な状況で受験する事ができます。

早い事私立大に志望校を決めてしまえば

あとあと私立大に志望校を変更した人よりも有利です。

めっちゃ私立大推すやん!!笑

めっちゃ私立大を推してますが、

国立に行きたかった身としては

国立を受験する人には頑張って欲しいです。笑

絶対に受かる大学をつくっておく

これも大事です。

浪人するつもりがないのなら、

最悪どこでもイイから大学に行く必要があります。

となると頭に浮かぶのは

滑り止め

滑り止めの大学は私立大が多いですが、

偏差値が低いからその大学は滑り止めだ!!

って思っていても、

いざ受験してみると不合格になる事があります。

自分の偏差値より低いのになんで落ちるの??

はい。

それは倍率のせいです。

どんなに偏差値に余裕があっても、

受験する人が多くなればその中で勝ち残るのは困難になります。

滑り止めだからといって対策を怠ったり、

ナメて受験すると痛い目見ます。

偏差値に余裕がある大学でもしっかり対策しましょう!!

大学に一つでも合格していると心持ちもずいぶん違います。

後悔しないために

さてアレコレ書いてきましたが、

どんなに勉強しても報われない人います。

イイ結果が出なくて落ち込むかもしれませんが、

勉強以前の問題で大学受験に失敗するなんて

本当にもったいないです!!

僕のように失敗しかける事ないよう、

ぜひ志望校を決める際にはこの記事を参考にしてみてくださいね!

それでは、

頑張ってください!

Follow me!