SONY wf-1000xm3レビュー!! DSEE HXの音割れの原因と解決策

今回は、今更ですがsonyから発売されているワイヤレスイヤホンのwf-1000xm3を紹介します。

 

実は僕、このイヤホンを買うのは2回目です。

 

2台もいらないじゃん!って思うかもしれませんが、

 

 

こういうわけで、買い直すことになりました。笑

 

著者

片っぽ池ポチャしました…

 

同じイヤホン買い直すほど、完成度の高いイヤホンって事です!

 

この記事では、1年以上使っているこのwf-1000xm3を徹底レビューします。

 

 

  • 外観
  • ノイズキャンセリング性能
  • 音質
  • DSEE HXの音割れについて
  • 接続安定性
  • まとめ

 

外観

 

 

1台目はブラックだったので、2台目はプラチナシルバーにしました!

 

ブラックは高級感があってカッコ良かったのですが、プラチナシルバーの方が上品な感じがしますね!

 

外箱は紙製ですがかなり厚みのある、しっかりとした箱です。

 

1台目も2台目も近くのエディオンで購入しました。

 

価格は26000円くらい。

 

Amazonの方が安いので家電量販店で買うよりネットで買うことをオススメします。

 

 

 

充電ケースは他のワイヤレスイヤホンと比べると大きいですね。

 

ジーパンのポケットにはすっぽり入るので困ることはなさそうです。

 

ケースはマグネット式です。

 

ケース本体は艶消しのマットな仕上がり。

 

蓋の部分は若干の光沢があります。

 

で、この蓋の部分ですが、傷がいきやすいので注意が必要です。

 

気になる人は別で販売されているシリコンケースをつけるといいと思います!

 

 

充電ケースのライトの色はブラックでもプラチナシルバーでも赤色に光ります。

 

イヤホン本体は状態に合わせて赤と青の二色に点灯します。

 

夜道でイヤホンを付けていると少し目立つかもしれませんね。

 

 

ケースがでかいので、当然イヤホン本体も大きいです。

 

装着してめっちゃ目立つってほどではありませんが、

 

周りからはイヤホンを付けている事がすぐにわかります。

 

丸いボタンのような部分はタッチセンサーです。

 

タップする事でイヤホンの操作をする事ができます。

 

イヤホンにはマイクが内蔵されているので、ハンズフリー会話をすることもできます。

 

ハンズフリー通話とは

イヤホンやヘッドホンに内蔵されているマイクを使って音声通話をすること。手に携帯などの端末を持つことなく電話ができるのでマジ便利。

 

ハンズフリー会話はホントに便利な機能ですが、まだそこまで世に浸透していないせいか

 

外で手ぶらで会話をしていると

 

1人で喋ってると思われます。笑

 

僕もハンズフリー会話の存在を知っていても、

 

実際に外でしている人を見かけると初めはビックリします。笑

 

後になって「あ、電話してたんか」って気付く感じですね。

 

著者

普通に電話するよりちょっと声が遠くなります!

 

実際にハンズフリー会話をしてみましたが、携帯を持って電話する方が相手は聞こえやすいそうです。

 

相手の声ははっきり聞こえるだけに少し残念ですね。

 

 

ノイズキャンセリング性能

 

さて、このイヤホンの1番の目玉機能であるノイズキャンセリング機能について、その気になる性能ですが、

 

かなり良い

 

といったとこでしょうか。

 

同時期にSONYから発売されたワイヤレスヘッドホンのwh-1000xm3ほどではありませんが、

 

周囲の雑音をしっかりと消してくれているのが分かります!

 

電車やバスに乗った時にノイズキャンセルをオンにするとその効果がより感じれると思います。

 

家の中でも、掃除機をかける時に使うと音楽を快適に楽しみながら掃除する事ができます。

 

著者

「何も聞こえねええ!!」とはなりません。

 

このノイズキャセリング機能ですが、その性能はイヤーピースによって変化します。

 

wf-1000xm3には2種類のイヤーピースが付属します。

 

 

左がトリプルコンフォートイヤーピース、右がハイブリットイヤーピースロングです。

 

トリプルコンフォートイヤーピースはしっとりとした感触で、耳へのフィット感がハイブリットイヤーピースロングよりも優れているのだそう。

 

僕の耳にはハイブリットイヤーピースロングのMサイズが合いました。

 

せっかくノイズキャンセリング機能が付いていても、耳とイヤーピースの間に空間があるとそこから外音が入ってくるので十分な消音機能を発揮する事ができません

 

自分に合ったイヤーピースを見つける事が大切ですね!

 

音質

 

音質について、

 

音質はどこかの音域を強調するようなものではなく、

 

全音域をバランス良く鳴らしてくれる印象です。

 

高音の響きは心地よく、

 

低音も十分な迫力があります。

 

専用のアプリでイコライザーを設定できるので、

 

低音重視といった、好みの音を鳴らすこともできます!

 

DSEE HXの音割れについて

 

wf-1000xm3には、普通の音源をハイレゾ相当の音質にアップグレードする、

 

「DSEE HX」という機能が付いています。

 

これも専用のアプリでオンとオフを切り替える事ができます。

 

この機能をオンにすると、より臨場感のある、高音質を楽しめます。

 

が!

 

どういうことか、DSEE HXをオンにすると、

 

音がザラザラする現象がたまに起こります!

 

原因はおそらく専用アプリにあるのだと思います。

 

高音質化する機能なのに、音がザラザラしてしまっては意味がありません。

 

そこでなんとかこの現象の対策を見つけ出しました。

 

それは、

 

アプリでBluetooth接続する、という方法です!

 

iPhoneなら、設定画面からBluetoothをオンにすればイヤホンの名前が表示され、

 

それをタップすれば接続ができるのですが、

 

設定画面ではイヤホンを接続せず、

 

Bluetoothをオンにした状態で接続せずにアプリを開いて

 

アプリの「接続する」ボタンから接続します。

 

 

この方法で接続すれば、DSEE HXをオンにした時に音がザラザラする現象が起こりません!

 

これで高音質を十分に楽しめます。

 

僕はアプリを開くのがめんどくさいのでDSEE HXはオフにしました。笑

 

接続安定性

 

ワイヤレスイヤホンを使う上で注意が必要なのがコレです。

 

人混みでは音切れがしたり、最悪音楽が止まってしまうイヤホンもあります。

 

ですが、wf-1000xm3は人混みの中でも音楽が途切れる事は滅多とありません

 

コロナが流行る前の大阪駅の人混みの中でも安定して音楽を聴く事ができました。

 

 

で、携帯とイヤホンを接続するまでの手間ですが、

 

正直言うとiPhoneを使っている人ならAirpodsの方がいいです。

 

wf-1000xm3も面倒な動作は本来ならないのですが、

 

先ほどのDSEE HXの対策をするためにアプリを開くと言う手間があります。

 

ここはちょっとマイナスポイントかな。

 

接続さえすれば完璧なイヤホンなんですけどね。

 

 

まとめ

 

リピーターになるくらいのイヤホンです。

 

著者

イヤホンってリピートするものだっけ?笑

 

価格が高いのでなかなか購入に踏み切れないと言う人も多いと思いますが、

 

値段以上のパフォーマンスを発揮してくれるイヤホンだと思います。

 

ノイズキャンセリング機能が付いているので、

 

通勤や通学で電車に乗る人には特にオススメです!

 

それでは!

 

Follow me!